腸内洗浄

不要なものを洗い流して腸をキレイにする腸内洗浄を徹底解説

有名人の美容方法として注目が広まった腸内洗浄。腸内洗浄は、便秘や宿便を洗い流すデトックス方法として、実践する人が増えています。腸内洗浄は、医療機関やサロンのほかに、自宅でもできるようになりました。ここでは、専門機関で行われる腸内洗浄の方法や、腸内洗浄のメリットとデメリット、腸内洗浄を終えた後の注意点について詳しく解説します。

欧米では一般的に行われている腸内洗浄

腸内洗浄はコロンハイドロセラピーとも呼ばれており、有名女優やモデルが利用していることから、ハリウッドを中心に広まった腸の中を洗浄する療法です。腸内環境は加齢や生活習慣によって変化しやすく、健康面にも大きく影響しています。

 

腸内洗浄は腸の汚れを洗浄することで健康に保つだけでなく、美容の効果や免疫力を整えてアレルギーを改善することから、欧米では一般的に行われています。

腸内洗浄は家庭でもできる

腸内洗浄は、専用のキットを購入すれば自宅で使用することもできます。専用キットは自宅のトイレで気軽にできて低コストにおさえられるメリットがあります。しかし、腸内洗浄は体の健康に関わる行為ですので、必ず医療機器認定を受けた商品を選び、使用方法を守って使いましょう。

安心して腸内洗浄を行うなら専門家の施術を受ける

安心して腸内洗浄を行いたい場合は、医療機関やサロンでの施術をお勧めします。病院での腸内洗浄は、消化器科、胃腸科、肛門科、産婦人科などでできます。

 

医療機関で腸内洗浄だけを希望する場合は、費用は基本的には保険の対象外となりますので実費で受診することになります。しかし、手術前などに治療の手段として腸内洗浄を受ける場合は、保険が適応して3000円程の料金で行えます。

 

その他にも、美容クリニックやエステで腸内洗浄を受けることはできます。こちらの料金も保険適応外の実費となり、平均すると1回の施術で15,000円前後になります。施設によってコースと料金設定は様々ですが、選ぶポイントとして、事前にホームページなどで料金を確認してみましょう。

病院やクリニックでの腸内洗浄の方法

腸内洗浄を医療機関で受ける場合には、次のような方法で行われます。

 

1. 専門医によるカウンセリングの後、体重と血圧を測定。

 

2. 腹部全体をマッサージした後、専用の器具(スペキュラ)を肛門に挿入します。

 

3. 直腸の約5〜6cmの位置から、殺菌した温水を注入して大腸全体に行き渡らせます。温水の水流は腹圧の状態に応じてコントロールします。

 

4. 腸内が洗浄されて、注入した温水とともに便が排水ホースから排出されます。温水の注入と排出は、5〜6回繰り返します。

 

5. 専用器具のスペキュラを抜いた後、腸に残った水をトイレで出し切り終了です。

 

病院やクリニックで行う腸内洗浄のメリットは、専門家による施術だけでなく、終了後の食事指導などのカウンセリングや、整腸剤の処方など、トータルで安心できることです。

腸内洗浄が体にもたらすメリット

腸内の不要物と取り去る腸内洗浄は、次のような悩みを持つ方に効果的です。

  • 慢性的な便秘に悩んでいる人
  • アレルギー体質の人
  • メタボ体形が気になる人
  • 肌荒れが気になる人

腸内洗浄で腸の環境が良くなる

 

腸内洗浄は、温水で腸の中を洗い流すことで、腹痛などの副作用がなく便や宿便を取り除くことができます。便秘が解消されると、腸内環境は整い免疫力を高めることや、腸の中で増えた悪玉菌の毒素も排出できて肌荒れを改善する効果があります。

腸内洗浄が体に与えるデメリット

 

体に良い効果ある腸内洗浄ですが、腸はデリケートな臓器ですので、デメリットについても知っておく必要があります。

腸内洗浄は善玉菌も減らしてしまう

腸内洗浄を行うと、腸内で増え過ぎた悪玉菌を洗い流せますが、同時に善玉菌の数も減らしてしまいます。これは、悪玉菌だけ洗浄することは難しいので、ある程度の善玉菌を失うことは仕方がないことです。そのため、腸内洗浄の後に、善玉菌が好む食品を摂ることで善玉菌の数を増やしてあげましょう。

善玉菌を増やす食品

  • 食物繊維が豊富な野菜
  • キムチ、ぬか漬け
  • ヨーグルト
  • 納豆、味噌

善玉菌の仲間であるビフィズス菌や乳酸菌、善玉菌の餌になる食物繊維は積極的に摂りたい食品です。腸内洗浄の後に、これらの栄養素を含む食品を摂ることで、腸内の善玉菌を増やすことができます。

 

その反対に、食物繊維が少なく、肉類を多く食べてしまうと、悪玉菌を増やすことになりますので、腸内洗浄の後は控え目にすると良いでしょう。

腸内洗浄のやり過ぎは腸の働きが悪くなる

腸内洗浄の目的は腸の中の不要なものを洗い流して、腸を本来の働きに戻すことです。しかし、腸内洗浄を短期間に何度も繰り返すと、腸の機能が弱くなり自らの力で便や老廃物の排泄ができなくなることもあります。

 

医療機関やエステサロンなど、専門家による施術は体に負担のない回数で行われますが、自宅で専用キットを使用する場合は、使用方法を確認して正しく使うことが重要です。

腸内洗浄で病気を見逃すこともある

腸内洗浄をすることで、便秘に隠された病気が見逃されることもあります。便秘の人にとって、優れた改善効果のある腸内洗浄ですが、便秘の原因が病気だった場合に、腸内洗浄で便秘が改善されたことに安心して、病気を見過ごしてしまうからです。

 

医療機関での腸内洗浄は、事前に問診が行われますので、便秘のほかにも腹痛や血便など、気になる体調不良は必ず医師に伝えるようにしましょう。