宿便 薬

宿便を薬で出すために選ぶ漢方薬5選!知っておきたい注意点

お腹に溜まった宿便を取り除く方法に漢方薬があります。漢方薬は西洋の薬に比べると、効果が出るまでに時間がかかるという印象もあると思いますが、その分、体への負担が少ないと言えます。しかし、漢方薬も体質に合わないものを選んでしまったり飲み方を間違うと、腹痛などの副作用を招いてしまいます。ここでは、宿便を出す効果のある漢方薬を詳しく解説します。

西洋医学では宿便は存在しないという考えもある

宿便とは、腸の壁に長期間溜まっている便や老廃物のことを言います。医学的には宿便という言葉はなく、西洋医学では滞留便と呼びます。宿便については、そもそも腸は動き続けているため、腸壁の溝に便や老廃物が溜まるはずがないという説もあり意見が分かれます。

 

しかし、実際に腸内洗浄や断食で宿便を出したという事例もあり、完全に否定することが難しく、宿便と滞留便は同じ意味合いで使われることが多いです。

東洋医学での宿便のとらえ方

漢方を用いる東洋医学にも宿便という概念はありません。ただし、東洋医学では、腸の健康状態によっては、腸壁に宿便が付着することもありうると考えられています。

宿便が溜まる原因

  • 食生活の偏り
  • 加齢
  • 自律神経の乱れ

腸の機能を整えて宿便を解消する漢方薬

東洋医学で用いられる漢方薬は、宿便が溜まる根本的な原因である、胃腸の働きを整える作用があります。宿便は様々な要素が組み合わさって起こりますが、腸が本来の働きを取り戻すことができれば、宿便を出すことができます。

宿便に効果のある漢方薬に含まれる2つの生薬

宿便を出す作用のある漢方薬には、主に2つの生薬が使われています。

芒硝(ぼうしょう)

生薬の芒硝(ぼうしょう)は、硬くなり腸内に停滞する便や宿便を除去する作用があります。宿便を出す効果のある漢方薬に多く使用されている生薬です。

大黄(だいおう)

大黄はほとんどの漢方便秘薬に配合されている生薬です。大黄は下剤のほかにも、デトックス作用、炎症作用、止血作用もあり様々な漢方薬に使われています。

宿便を出す漢方薬(1)大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)は、血液の流れを良くするとともに、便と宿便の排出を促す作用があります。比較的、体力のある人に用いられる薬です。

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)の効能と効果

  • 便秘
  • 発熱
  • 生理不順

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)を飲むときの注意点

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)は、場合によって腹痛、下痢などの症状がでることもあります。服用の容量を守り、医師や薬剤師の指示に従って飲みましょう。

宿便を出す漢方薬(2)大承気湯(だいじょうきとう)

大承気湯(だいじょうきとう)は、強力な排便作用で宿便の排泄を促します。服用ができるのは体力がある人や、肥満体質の人に用いられます。

大承気湯(だいじょうきとう)の効能と効果

  • 腹部膨満感の便秘
  • 高血圧
  • 神経症
  • 食あたり

大承気湯(だいじょうきとう)を飲むときの注意点

大承気湯(だいじょうきとう)は、強力な排便作用がありますので、胃腸が弱い人や体力が低下している人は使用しないでください。

宿便を出す漢方薬(3)防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は、体を流れる水分の循環を整えて便や宿便の排泄に働きかけます。体力がある、お腹の脂肪が多い肥満タイプの人に用いられます。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)の効能と効果

  • 便秘
  • 肥満体質
  • 肩こり
  • のぼせ
  • むくみ
  • 高血圧や肥満からくる動悸

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)を飲むときの注意点

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は、副作用に激しい腹痛や下痢を伴うこともありますので、飲む量には注意が必要です。

宿便を出す漢方薬(4)桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、血液の流れを整えながら、下腹部が張る便秘の改善に働きかけます。体格が良く体力のある人、もしくは肥満体質の人に用いられる薬です。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)の効果と効能

  • 便秘
  • 生理不順
  • 生理による不安やイライラ
  • 腰痛
  • 打ち身
  • 高血圧からくる頭痛、肩こり、めまい

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)を飲むときの注意点

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、服用する量が多い場合、腹痛や下痢を起こすこともありますので、医師や薬剤師の指示を守って正しく飲みましょう。

宿便を出す漢方薬(5)大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は、腸の働きに作用して常習性の便秘の改善に働きかけ、腹部膨満や腸内の異常発酵の緩和を助けます。体力の程度に関わらず、広く使用されています。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)の効果と効能

  • 便秘
  • 便秘による頭痛やのぼせ
  • 皮膚炎
  • 食欲不振

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)を飲むときの注意点

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は、体力の程度を選ばず使用されますが、強い下剤効果がありますので、飲み過ぎには注意が必要です。

漢方薬の飲み過ぎと妊婦さんの服用は要注意

 

漢方薬で宿便をとる際には、必ず服用する薬の量を守ることが重要です。下剤の作用がある薬は、腸に刺激を与えて排便を促しますが、下剤に体が慣れてくると本来の腸の働きが低下して、便秘や宿便を悪化させてしまうからです。

 

また、漢方薬は市販薬としても手に入りますが、薬によっては妊娠中や出産後の女性が避けるべき生薬の入った薬もありますので、使用前には必ず医師や薬剤師に相談してみましょう。