便秘 お茶

妊娠中の便秘はお茶で改善!妊婦さんでも飲める便秘茶5選

妊娠すると多くの人が便秘になります。妊娠中の体はホルモンバランスの乱れなど、様々な体の変化が便秘を招いていました。妊婦さんの便秘で一番の悩みは、赤ちゃんに影響が出る薬を飲めないことです。そこで、今回は、妊娠中に便秘になる原因と、妊婦さんでも安心して飲める便秘改善に効果のあるお茶を詳しく解説します。

妊娠をすると便秘になりやすい

妊娠すると母体には様々な変化が起こります。胃腸のトラブルも増えて便秘や下痢に悩まされる人も多いです。特に、妊娠初期は便秘になりやすい時期であり、つわりとともに体調不良を悪化させる原因となります。

妊娠によるホルモンバランスの乱れが便秘を招く

妊娠すると女性ホルモンのバランスが崩れて便秘になります。女性ホルモンには、妊娠するため体をサポートする「エストロゲン」と、妊娠した体を維持するために働きかける「プロゲステロン」の2種類があります。

 

妊娠後はプロゲステロンが増加して、体の栄養を多く吸収して蓄えようとします。そのため、妊娠前に比べて腸の中に食べ物を長時間滞留させるように、腸の筋肉を緩めるように働きかけます。

 

プロゲステロンの作用により腸の筋力が低下すると、便を肛門まで移動する蠕動(ぜんどう)運動がスムーズに行えず便秘を招くことになります。

妊娠初期のつわりが原因で便秘になる

妊娠初期に見られる”つわり”が原因で便秘になることがあります。つわりの症状には個人差がありますが、妊婦の約半数が経験しています。つわりの原因はホルモンの分泌量や、妊娠すると増加する糖たんぱく質(hCG)の影響が考えられますが、明確な原因ははっきりしておらず、複数の要因があると言われます。

つわりが便秘を招く原因

食べる量が減る

つわりで吐き気が起こると食欲不振になり、食事の量が減ることで便の量も減り排泄するために必要な便が溜まらなくなります。

 

腸内バランスが乱れる

つわりの嘔吐で腸内の善玉菌も失われて悪玉菌が増えることで便秘になります。

 

消化器官の働きが悪くなる

つわりの嘔吐で消化器官がダメージを受けて機能が低下することで便秘になります。

 

運動不足で筋力が低下

つわりによる体調不良で運動不足になり、腸や腹筋の筋力が低下して便秘になりやすくなります。

妊娠中期はお腹が張って便秘になる

妊娠5カ月を過ぎるた妊娠中期は、お腹が大きくなってきたことで便秘になりやすいです。赤ちゃんが育つにしたがって、大きくなった子宮が腸を圧迫することで、腸管は狭くなり便が肛門まで移動しにくくなります。

 

さらに、大きくなった子宮による腸への圧迫は、血管にも影響を与えて直腸周辺の血液の流れが悪くなり、切れ痔やいぼ痔の原因となります。

妊娠中は避けたい代表的なお茶の成分

妊娠中の便秘の改善にはお茶という選ぶ人が多いです。薬の使用は胎児の成長に影響が出る場合もあるため、服用する時は必ず医師や薬剤師に相談する必要があります。植物の天然成分による便秘茶は、比較的安心して飲むことができますが、お茶を選ぶときに避けたい成分もあります。

妊娠中と出産後に控えたい成分・カフェイン

妊娠中にカフェインを飲むと胎児と母体に影響が出ます。コーヒー、緑茶、紅茶などに含まれるカフェインは、大量に飲むと胎児の成長に影響を与えて流産につながると言われます。

 

さらに、出産後は母乳から赤ちゃんの体にカフェインが運ばれることで、カフェインの神経を興奮させる作用から、赤ちゃんの寝つきが悪くなることや、泣き止まないなど精神面への影響を招きます。

妊娠中に控えたい成分・タンニン

緑茶などに含まれるタンニンには、胎児の成長に必要なビタミンの葉酸の働きを阻害する作用があります。さらに、タンニンは鉄と結合して水に溶けにくくなる性質から、体内の鉄分の吸収を低下させます。妊娠中の母体は鉄分が少なく貧血が起こりやすくなることから、タンニンの摂取には注意が必要です。

妊娠中でも安心して飲める便秘のお茶

妊娠中の便秘を改善するためには、母体や赤ちゃんに影響が少ないお茶を選ぶことが大切です。

ルイボスティー

ルイボスティーはカフェインが含まれていないお茶です。お茶に含まれるSOD様酵素の働きが、腸の中の悪玉菌を減らして便秘を改善します。さらに、豊富なミネラルが含まれており、マグネシウムが便を軟らかくしてスムーズな排便を助けます。

タンポポ茶

タンポポの根や葉から作られるタンポポ茶は、ノンカフェインのお茶です。タンポポ茶に含まれる食物繊維のイヌリンは、善玉菌の仲間である乳酸菌やビフィズス菌を増やすとともに、便を軟らかくして便秘改善をサポートします。

桑の葉茶

桑の葉茶はカフェインとタンニンが含まれていないお茶です。桑の葉に含まれる豊富な食物繊維と、糖分の吸収に関わるDNJ(デオキシノジリマイシン)の作用で腸内細菌を活発にして便秘の改善に働きかけます。

黒豆茶

黒豆茶はノンカフェインのお茶です。黒豆茶には豊富な食物繊維(ペクチン)と、オリゴ糖が含まれており、ペクチンの作用で腸の働きを活発にし、オリゴ糖は善玉菌の餌となり腸内環境を整えてスムーズな排便を助けます。

ゴボウ茶

ゴボウ茶はノンカフェインのお茶です。ゴボウ茶に含まれる食物繊維のイヌリンが、腸の活動をスムーズにするとともに、善玉菌を増やして腸内環境を整え排便をサポートします。

お茶選びは神経質にならないことも大切

妊娠中はカフェインやタンニンを控えることが大切ですが、タンニンは多くの植物に含まれており、神経質になり過ぎることは体に悪影響が出かねません。

 

カフェインについても、飲まないことがストレスになる場合は、1日に1〜2杯程度のコーヒーや紅茶なら問題ないという医師も意見もあります。妊娠中は主治医に相談しながら大切な時期を過ごしましょう。